(1)近代のあけぼの~近江商人の血を受けて~
(2)欧風文化の潮満つ~向うっ気の強い少年
(3)洋服着用令の前後~背広に羽織着人びと
(4)電気灯のついた年~「必ず成功してみせる」
(5)明治の反骨~「役人の服は作らん」
(6)徒弟制度の中で~見所ある“タコ”
(7)鋏で勝負の職人たち~丸金の伝票で花街通い
(8)大正初期~とび切りのショートレングス
(9)大正中期~ガスアイロン発明さる
(10)新緑の季節~創意と信念の生涯終わる
(11)最高の素材~「ラッコの真ん中を買い付けろ!」
(12)名せりふの数々~個性あるテーラー達
(13)関東大震災~高まる洋服の需要
(14)定着するセビロ型~カンカン帽とスパッツと
(15)鮮烈な個性~真夏の太陽のように
(16)顧客第一~客はボタンで確認せよ
(17)国際人として~第2の故国フランス
(18)伸びる服地卸部~国際毛織物の台頭
(19)憧れの自転車~柴田には5台あった
(20)リーダーシップ~数々の公職を歴任
(21)古きよき時代~裏地、釦、在庫が6万円
(22)洋服組合史を飾る~絢爛たる49年の生涯
(23)戦時統経済制化~ジレンマに勝つ
(24)全土を覆おう国民服~闇も物資隠匿もせず
(25)最終章
(26)

 

日英協会150周年(2008年-平成20年)記念冊子「ヒューマンブリッジ」

初代が、日本人最初のテーラーで現在5代目・柴田音吉が継承していると紹介されている。

大英博物館所蔵の写真
大英博物館所蔵の写真1
大英博物館所蔵の写真
大英博物館所蔵の写真2

日英協会冊子の表紙
日英協会冊子の表紙

「創業明治16年 柴田5代の歩み」はこちら