21世紀の躍進を目指し、伝統の継承と最新ファッション導入

三代・柴田音吉(5代目店主)

5代目柴田音吉25~50歳まで、イギリス、イタリアを中心に、服地づくりの第一人者として活躍。

その経験を生かし、当店の服地は店主が直輸入を含め、自ら仕入れを行っている。店内には、海外への出張のお客様が多いので、常時オールシーズン500種類の着分(サンプルを加えると1000種類以上)を揃え、ビジネス・エグゼクティブのために、万全の体制を整えている。取り扱い服地は、毛織物商社では当社が世界最高品質と認めるベルギーの「スキャバル」社をはじめ、英国、イタリアの超一流メーカーの生地を、フォーマルからカジュアルまで、色柄もクラシックからファンシーにいたるまで、幅広くコレクションしている。

日本人初のテーラーとして、伝統を守りながら常に新しい商品を開発してきた当店では、戦後、業界初の夏物で軽くて涼しい『単衣(ひとえ)仕立て』を考案し、さらに改良を重ね、盛夏でも着用できる究極の軽さと涼しさを実現した、柴田オリジナルの『クール・スーツ』が昭和44年(1969年)に誕生した。このテーラリング・システム(縫製方法)を合冬物へと応用し、平成21年秋には史上最軽量「ライト-フィット」テーラード・ジャケット&スーツを新発表する。平成24年夏に「LITE-FIT」として特許庁より商標登録に続き、実用新案登録を受理するにいたる。

平成7年に注文紳士服において世界初の洋服のモデル(スタイリング・イメージ)を前面に打ち出し、顧客から希望のシルエットの注文を受けるという、画期的な「スタイル・オーダー」を自ら考案し、マーケットにセンセーションを起こす。平成30年春には「STYLE ORDER ORIGINAL 1995」として商標登録される。

工場長・稲沢治徳

工場長(チーフカッター)=稲沢治徳。柴田音吉洋服店に55年勤務。平成16年「神戸マイスター」の称号を得、さらに平成19年には技術者にとっては最高の栄誉である厚生労働大臣より「現代の名工」に選ばれ、平成20年には黄綬褒章を受章する等、業界を代表する技術者です。神戸市が後援する『神戸ものづくり職人大学』で18年間、若手技術者を指導育成し、現在も養成中である。
当店の職人たちは45~65歳。若い人で30年、職長では50年のキャリアを持つ。

The Concept of O.SHIBATA

1. The First in History and Tradition.
 <一番の歴史と伝統>
2. The Top in Prestige and Creation.
 <最高の風格と創造>
3. The Best in Quolity and Elegance.
 <最上の品質とエレガンス>

「金」を分解して『人ニハ|_ 』

“人には芯棒(辛抱)が一番” と読む。二十年で一人前の仕立て職人とされるテーラーの心構えを、この一文字に込めている。

型紙は家宝

膨大な型紙はテーラーの格付けであり、阪神大震災もまぬがれた家宝。歴史の生き証人でもある。

店舗のご案内



店舗入口

〒650-0022 神戸市中央区元町通4-2-22
元町本通り4丁目アーケード南側2F
078-341-1161 予約制
定休日:水・日・祝(電話でのご来店は年中無休・訪問は都市によって可能)
営業時間:正午~PM6:00(AM9:00~PM8:00電話でのご来店可)
駐車場:当店1Fにあり