自分の体にフィットしたオーダースーツを注文したいとお考えの方はいらっしゃいますか?オーダースーツは着ていても疲れないのはもちろん、こだわりを詰め込めるのが特徴です。自分用としてはもちろん、息子さんへのギフトとしてもおすすめです。

こちらでは、神戸にある柴田音吉洋服店について紹介します。ご注文の流れやお客様の声などを紹介しますので、神戸でオーダースーツをお考えの方はぜひ参考にしてください。

オーダースーツご注文の流れ

神戸でオーダースーツを注文したいとお考えの方は、柴田音吉洋服店をご利用ください。ご注文の流れは以下の通りです。

1.ビスポークテーラーがお客様から注文を取る

お客様の普段の行動や趣味、着用する季節、ご予算など、丁寧にヒアリングを行います。お好みやご要望などがあれば、お気軽にお伝えください。

そもそもビスポークテーラーとは、近代洋服発祥(1850年頃)の地、スーツのことを背広(せびろ)と呼ぶ語源となったイギリス・ロンドンのサビルロウ(サビル通り)からはじまりました。ハンドメイドで仕立てるオーダースーツは、お客様と対話をしながら注文を受けるので「be spoken」略して「bespoke」、あるいは「bespoke suit」と呼ばれていました。このスーツを仕立てるテーラーが「ビスポークテーラー」と呼ばれるようになったのです。

2.生地の選択

ヒアリングした内容をもとに、500種類の着分・サンプルを加えると1000種類の中から生地をお選びいただきます。

3.スタイルブックを見ながらスタイルを決める

スタイルブックを参考に、ボタンの数やポケットの位置・数・種類(キリポケット、アウトポケット)を決定します。

4.採寸

Tシャツやジーパンでは正しいサイズを採寸することができません。カッターシャツと普段着ているスーツもしくはジャケット・スラックスを着用してご来店ください。

5.型紙作成と裁断

採寸をもとに、型紙を作成します。型紙を生地の上に配置し、生地をハサミでカット(切る)し、手縫いで「仮に縫い上げ」し、「仮縫い」の準備をします。

ラテン語で「カット=切る」を意味する「タリアーレ=taliare」が「テーラー=tailor」の語源であります。

6.仮縫い

ご注文から約10日~2週間ほどで仮縫いを行います。

お客様の選んだ生地で仮縫いする店舗が多いですが、柴田音吉洋服店では別の生地で仮縫いを行います。

なぜなら、一般的には2着目ないしは3着目で100%の完成度ですが、柴田音吉洋服店は1着目で100%の完成度を目標にしているのも強みです。2回目以降は別生地の仮縫いを残してあるため、生地を決定しすぐウエストなどを測り仮縫いを行うので、再度来店する必要がありません。

7.補正

上着の肩幅やしぼり具合や袖丈などを補正いたします。この補正が洋服づくりで最も重要な工程でテーラーの腕の見せ所です。

8.本縫い

仮縫いから約2週間ないし3週間ほどで本縫いを行います。経験豊富な職人が丁寧に縫い、最高品質のスーツに仕上げます。

9.完成

完成したスーツをお召しいただき、ご納得いただければ引き渡します。最後までしっかりとお話をお伺いいたしますので、ご不満な点があればお気軽にお伝えください。

オーダースーツに関するQ&A

木の板にかかれたQ&A

こちらでは、よくいただく質問を紹介します。オーダースーツに関する相談・質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

布生地は選べますか?

買い取った生地500種類とサンプル500種類をご用意しています。オールシーズンで見られますので、お好きな生地をお選びいただけます。

また、海外出張に行くお客様が多いため、世界主要都市(約30か国)の温度に適した生地をご用意できます。

裏生地は選べますか?

3~4種類の約20色からお選びいただけます。サンプルは少なめですが、品が良いもののみ揃えています。

サイズはどこまで対応できますか?

基本は身長190㎝・体重90kgくらいまで対応しています。それ以外は生地の取り寄せが可能であれば対応できますので、まずはご相談ください。

できるまでの期間はどれくらいですか?

仮縫いまでは約10日~2週間、本縫いは約2週間ないし3週間かかります。

急ぎで作ってもらうことはできますか?

型紙が完成しているお客様であれば、対応可能な場合があります。しかし柴田音吉洋服店では何よりも質を大切にしているため、じっくりと製作できるよう余裕をもってご依頼ください。

神戸にある柴田音吉洋服店をご利用いただいたお客様の声

お客様の声

柴田音吉洋服店では明治元年に起業して以来、様々なお客様のオーダースーツに対応してきました。

最高水準のテーラーとして全国に多くの顧客を持っており、ご依頼いただいたお客様からお喜びの声をたくさんいただいています。

こちらでは、その一部をご紹介します。

素敵なスーツを仕立てていただき、本当にありがとうございました。プレゼントしてくれた私の両親も大絶賛で感激しておりました。暖かくなるのを待って3月末、桜が満開の時期にお宮参りをいたしました。

この日が着初めとなり、晴れやかなハレの日となりました。「いつになるかわからないけど、また仕立ててもらいたい」と主人の励みになっております。この度は本当にありがとうございました。

先日とても立派なスーツが届きました。きれいで左手を袖に通す時に、とても気持ち良かったです。無事、挨拶回りにも胸を張って行くことができました。今後とも末永くよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

50歳になるのを記念に「いいスーツを作りたい」と考え、ネットで柴田音吉洋服店の存在を知りました。伊藤博文のスーツを作った「日本を代表するテーラー」ということで、来店するまでは自分にとって敷居が高いかなと感じていました。しかし、社長におかれましては初対面にもかかわらず、気さくに話しかけていただき、真剣に自分の希望・オーダーを聞いていただきました。

仮縫い、本縫いでは「お客様の大事な一着ですから、妥協は絶対にしません」と言われるように、情熱を傾け経験を積み重ねた技術で、サイズもピッタリ、とても着心地が良くて本当に大切な一着に仕立てていただきました。女性スタッフの方には、女性の目線でたくさんアドバイスをいただき、ありがとうございました。

特に「お似合いですよ」「かっこいいですよ」と褒めていただき、とてもうれしくなりました。今回柴田音吉洋服店でスーツを仕立てていただき本当に良かったです。本当にありがとうございました。

神戸でオーダースーツのテーラーをお探しなら柴田音吉洋服店へ~ギフトにもおすすめ~

神戸でオーダースーツのテーラーをお探しの方は、柴田音吉洋服店をご利用ください。

日本人初のテーラーとして、伝統を守りながら常に新しい商品を開発してきた柴田音吉洋服店では、一人の職人が丹念に縫い上げる至高のハンドメイド注文紳士服のみを提供しています。

独自の縫製方法により、着心地の軽いスーツを仕立てますので、神戸でオーダースーツを注文しようとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。オーダースーツは、息子さんへのギフトとしてもおすすめです。

神戸のオーダースーツ専門店「柴田音吉洋服店」からのアドバイス

神戸のオーダースーツを手掛ける柴田音吉洋服店

店名 柴田音吉洋服店
住所 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4丁目2−22 元町本通り4丁目アーケード南側2F
TEL 078-341-1161 予約制
定休日 水・日・祝(電話でのご来店は年中無休・訪問は都市によって可能)
営業時間 正午~PM6:00(AM9:00~PM8:00電話でのご来店可)
駐車場 当店1Fにあり
URL http://otokichi-kobe.co.jp/