色や形など、目に見える表地だけがスーツの全てではありません。意外と知られていない「裏地」の意味や役割、「総裏」や「背抜き」などの種類を知って、着心地の良いスーツを仕立てるポイントを押さえましょう。

その他、スーツ姿を彩る小物アイテム「ネクタイ」「ベルト」「カフス」などもご紹介します。おしゃれな神戸の街にある高級老舗店で、スーツを仕立てようと考えている方は、ぜひご覧ください。

スーツの「裏地」はどうしてあるの?スーツに対する素朴な疑問に神戸の高級老舗店がお答えします!

はてなマークとビジネスマン

一般的なスーツの裏側を見てみると、ツルッとした素材の「裏地」があります。あまり意識せずに着用している方も多いかと思いますが、裏地の意味や役割をご存知でしょうか。

裏地の役割

着脱をスムーズに!

裏地で多く使用されている素材は、コットンを加工した合成繊維「キュプラ」や、「ポリエステル」「レーヨン」など。表面がツルッとしている特性上、なめらかに着脱できるというところがポイントです。

不快感ダメージを軽減!

裏地の素材の特性上、静電気が起きにくく、吸湿性や放湿性に優れ、蒸れの軽減や寒暖対策としての役割があります。また、裏地があることで、表生地へのダメージの軽減につながります。

見た目を良くする!

スーツに裏地が付いていることで、見た目がカッチリして重厚感が生まれます。

スーツを仕立てるなら初めての方も安心!神戸にある高級老舗店へ。

画期的な仕立て方法「裏地は上部のVゾーンのみ」超軽量のスーツとは!?

スーツの裏地には「背抜き」「総裏」の2種類がある!それぞれの特徴とは!?

スーツにプラスしたいアイテム

スーツの着心地の良さにもつながる「裏地」の存在ですが、裏地には「背抜き」と「総裏」の2種類があることをご存知でしょうか?この2種類の裏地の特徴をそれぞれ見てみましょう!

背抜き

スーツ・ジャケットの前身頃と肩周辺の裏地のみを残し、他は全て省いて仕立てた仕様になります。「背抜き」という言葉の通り、背中部分には裏地がないため、通気性が良く軽いのが特徴です。体への負担も少なく、夏場は涼しく過ごせます。

総裏

スーツ・ジャケットの前見頃から後見頃にかけて裏地が付いている仕様です。ほとんどのスーツは、この「総裏(総裏地)」が基本になります。保温性・保湿性が高いので、冬場は暖かく過ごせます。

神戸にある高級老舗店では、裏地にこだわったスーツを仕立てることができます。

おしゃれな小物でスーツを彩る!裏地と併せてこだわりたいアイテム

涼しげな「背抜き」と、カッチリとした「総裏」。裏地の仕様にこだわるのと同時に、ちょっとした「小物」を付け足すことで、スーツの着心地の良さやおしゃれ度はさらにアップします!

スーツにプラスしたい!小物・アイテム

ネクタイ

スーツとネクタイの色柄の組み合わせ方によって、印象が変わります。「背抜き」の裏地のように、夏場でも涼しげな色彩のネクタイもありますので、オールシーズン楽しめます。

ベルト

ズボンを固定することだけが、ベルトの役割ではありません。ベルトの色や素材はもちろん、太さにも注目してチョイスすると、全体のバランスや見た目に変化を付けられます。

カフス

ワイシャツの袖口を留めるカフスボタンですが、袖口の形によって、付けられるものとそうでないものがありますのでご確認を。オリジナルモチーフのカフスがさり気なく見えると、とてもおしゃれ!

神戸でスーツを仕立てている期間は、ぜひ小物選びを!

スーツをオーダーメイドする際の「納期」の一例として、仮縫いで「約7日~14日」、本縫い~お渡しで「約14日~21日」。ハイシーズン時は、2ヶ月以上の期間がかかるケースもあります。

裏地や小物などにもこだわりながら、おしゃれなスーツを仕立てよう!

  • ・裏地には、表地へのダメージの軽減や寒暖対策、着心地や見た目の良さを左右する役割がある!
  • ・前見頃から後見頃にかけて裏地が付いている「総裏」、前身頃と肩周辺以外の裏地を省いた「背抜き」の2種類がある!
  • ・スーツの裏地の仕様はもちろん、「ネクタイ」「ベルト」「カフス」などの小物を上手に合わせると、おしゃれ度アップ!

神戸でスーツを仕立てる時のご参考に!!

神戸のオーダースーツ専門店「柴田音吉洋服店」からのアドバイス

神戸で高級スーツを仕立てるなら柴田音吉洋服店

店名 柴田音吉洋服店
住所 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4丁目2−22 元町本通り4丁目アーケード南側2F
TEL 078-341-1161 予約制
定休日 水・日・祝(電話でのご来店は年中無休・訪問は都市によって可能)
営業時間 正午~PM6:00(AM9:00~PM8:00電話でのご来店可)
駐車場 当店1Fにあり
URL http://otokichi-kobe.co.jp/