一社会人として、大人の男として今以上に飛躍するために、自分だけのオリジナルのスーツ・勝負服を一つは持っていたいものです。

自分の身の丈に合わせたスーツ、それ以上に、自分の内側に秘めているポテンシャルを発揮させてくれるような、細部にまでこだわり抜かれたスーツを仕立てることには価値があります。

自分自身をステップアップさせてくれる、高品質なスーツをフルオーダーする際のポイントとして、見た目の印象を左右するスーツの色選びから、スーツの立体感や芯地、ボタンの種類までをご紹介します。

軽くて着心地が良い、ストレスを感じない、機能性に優れた高級紳士服を着用して、アクティブに活躍しましょう。

高級紳士服の色の選び方 色が与えるイメージ

「何色のスーツを着用しているのか?」によって、その人物の第一印象は変わるものです。見た目の色味が華やかであれば明るい内面を想像させますし、シンプルな装いであれば真面目な印象を与えます。だからこそ、高級紳士服の色選びは、慎重に行いたいところです。

スーツを着用する機会が多いビジネスの場面では、ネイビーやグレー、ブラックといった色味をよく見かけます。ビジネスでは第一印象がとても大切ですので、自分自身の顔立ちや性格を考慮しながら、また「どのように見せたいのか?」を踏まえた上で、スーツの色を選ぶようにしましょう。

色が与えるイメージ

ネイビー

とてもポピュラーで、人気のある色味です。知的で誠実な印象を与えます。人との交渉の場面でも、感情的にならずに冷静に判断しやすい色と言えます。

グレー

落ち着いた印象を与えるグレーは、他の色とも合わせやすいのが特徴です。ネクタイやビジネスバッグ、シューズなど、他のアイテムとも組み合わせやすく、コーディネートしやすいのがメリットです。

ブラック

モードな雰囲気を与えるブラックスーツ。重い印象になりがちですが、ネクタイやシャツなどに柄物アイテムや極彩色の小物を合わせるのもおすすめです。ストライプなどの柄物が入ったタイプだと、重い印象も軽減されます。

テーラーメイドでスーツの立体感や芯地にも着目

Tailored Jacket&Suit

テーラーメイドの高級紳士服を体にフィットさせるためには、「立体感」はとても大切な要素です。

肩やお尻周りの丸みを綺麗に出しながら着心地の良いものに仕立てるには、曲線を上手に縫い合わせる技術とアイロンワークが物を言います。

また、スーツの表地だけではなく、保形や補強、フォルムを綺麗に見せる役割を果たす「芯地」の存在も重要です。生地との相性がとても大事な芯地は、生地と生地の間にあるので表からは見えませんが、見栄えの良い高品質なスーツには欠かせないポイントです。

芯地の種類

・接着芯仕立

化学繊維で作られた芯地をノリで接着する手法です。コストが抑えられるので、大量生産されているような一般的なスーツに採用されています。何度かクリーニングすると型崩れするのが欠点です。

・総毛芯仕立

天然素材を使用した芯地を時間と技術をかけて留める手法です。高級紳士服店でテーラーメイドするスーツなどに採用されています。

高級紳士服店でスーツをフルオーダーすることのメリットは、こういった目には見えない細部にまで丁寧に仕立てる点にあります。

柴田音吉洋服店では、胸部の芯地にもこだわり、軽さと着やすさを追求した「ライト-フィット」を展開しています。究極の軽さと着心地、型崩れのしにくさは、「仕事をしていても肩がこらずストレスを感じない」とお褒めの言葉をいただいています。

スーツのボタンには様々な種類がある

スーツのボタン

スーツのボタンには装飾としての役割もあり、様々な種類が存在します。また、価格もピンからキリまであるので、とても奥が深くて面白いパーツです。

金(18K)や純銀(イブシ・梨地・925)など、高級紳士服にも採用されている「最高級ボタン」にもなると、ボタン一つで10万円以上するものもあります。

その他、本水牛や天然貝といった素材もあり、高品質なスーツのアクセントとしてこだわってみるのも魅力の一つです。テーラーメイドでこだわりながら選んでみてはいかがでしょうか。

・ボタンに関する小話
神戸元町の老舗洋服店「ヒストリー」より >(16)顧客第一~客はボタンで確認せよ

品質の高い高級紳士服のテーラーメイドなら柴田音吉洋服店

品質の高い高級紳士服を仕立てたいとお考えでしたら、柴田音吉洋服店へご連絡ください。

明治元年(1868年)に起業して以来、伊藤博文をはじめとしたトップリーダーたちに愛された“洋服”を手掛けてきました。その後明治16(1883)年に神戸・元町に柴田音吉洋服店を開業、それから135年以上にわたって最高水準のテーラーとして多くのお客様に選ばれています。

ハンドメイドの高品質な高級紳士服のテーラーメイドでしたら、ぜひ柴田音吉洋服店にお任せください。予約制となりますので、まずはお気軽にご連絡いただければと思います。

電話番号 078-341-1161
営業時間 正午~PM6:00(AM9:00~PM8:00 電話でのご来店可)

神戸のオーダースーツ専門店「柴田音吉洋服店」からのアドバイス

高級紳士服を販売するテーラーメイド【柴田音吉洋服店】

店名 柴田音吉洋服店
住所 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4丁目2−22 元町本通り4丁目アーケード南側2F
TEL 078-341-1161 予約制
定休日 水・日・祝(電話でのご来店は年中無休・訪問は都市によって可能)
営業時間 正午~PM6:00(AM9:00~PM8:00電話でのご来店可)
駐車場 当店1Fにあり
URL http://otokichi-kobe.co.jp/